僕がとある物事をきっかけに痩身に臨み

僕がこれまでの運命のうちで金字塔太っていた旬は30年前後のあたりだ。身長174センチに関してウエイトはせめて77距離はあったと思います。いつの間にか食っちゃ寝くらしがスタイル化していたので、自分の太り具合に気付かない通り自堕落な考えを続けていました。

あんな僕がとある物事をきっかけに痩身に臨み、約15週で14距離という減量に成功したのです。
その始まりとなった物事は、中学生時代に密かに恋心を抱いていたマミーって再会した事です。卒業後十数年ぶりに会った彼女の第一声が「太った?」だったのにはヘコみました。まず自堕落なくらしの果ての結果なので自業自得と言えばそれまでですが。

ともあれ、何時ぞや精神を抱いていた個々にキツいワンポイントを浴びせられた事が、僕においてライフを見直す機会となったのです。
浴室の鏡に映る肥えに肥えた自分の体を見て、「このままじゃ夫として無理になってしまう」という危機感を感じ取り、痩身を決意したというわけです。

僕の選んだ痩身技はジョギングだ。そこそこオーソドックスですね。そもそも僕は摂る事が好きなので、シェイプアップのみの痩身技は断念すると思ったからです。
それに、シェイプアップだけだと体は絶対に締まりません。かつては陸上部に加入しデイリーきつい習得を通していたので、その事は承知していました。

久方ぶりに走ってみると体が思うように動きません。1距離走り回るだけでもバテてしまいました。
「こんなことでは今しがたが思いやられるな」という気掛かりも感じましたが、でも足腰に苦悩を描けない程度ののんびりなペースでジョギングは続けました。頻度としてはウィークに4お天道様ほどでしたね。liz-vip-elite-london-escort.com

その原動力となったのは、この間再会した化のマミーの立場だ。「次彼女に出会う時はファッショナブル外観で」という本心が独りでに僕の目標になっていました。片思い器量って人間でしょうね。

最初の精神は2距離から3距離だけでもしんどかったですが、走り回るテンポに体がじわじわ慣れてゆき、気付いたら直感開きが6距離、7距離と伸びて、2カ月のちあたりには10距離をも走れるみたいなっていました。当然これによってウエイトも順調に落ち、15週の後には63距離まで減ったのです。

痩身は華美成功しました。体も良い感じに絞れていらっしゃる。
ただ肝心の彼女との再会はまったく果たせていませんがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です