世間で堂々と笑えないという恐れもありました

歯の色合いは白いほうが清潔感があってルックスも良いですよね。私は自分の歯の色合いに引け目を抱えていました。なぜなら、私の歯は全体的に見て黄色みを帯び過ぎているからです。上端部分は少々白いのですが、それが根元の方に届くによってイエローの濃さが増しているのです。このため世間で堂々と笑えないという恐れもありました。

これからこれを発達できないかと色々な施策を試してみたのですが、どれも効果はありませんでした。「歯を白く始める」というポリシーを表に押し出して掛かるアイテムは多いのですが、そのいずれもが自分には何のインパクトも無かったのです。インパクトの出具合には個人差がある事は承知していましたが、ここまで効果が出ないってですただへこむのみです。

ある日、ウェブショップではからずも目にしたのがステッカー人のホワイトニング剤でした。クライアントの伝聞を見る限り、歯が幾分白くなったとのレポートも多かったので、反対で天然という気持ちもあってか私も取得に飛び立ちました。

届いたそのアイテムを直ぐに使用してみると、3日光視線ほどで臼歯が若干白くなったのに驚きました。用法もとても簡単で、ホワイトニング剤のしみ込んですステッカーを上と下の歯に半ほど引っ張るだけです。本文には毎日繰り返して使用する事で歯が次々白くなると記載されていましたが、それに外面はありませんでした。
正確には、歯が白くなると言うよりも明るみを帯びるといった感覚でしょうか。これまではくすんです暗めのイエローだった歯が軽めのイエローになった様な気がします。

ただ内予想外だったのは、こういうホワイトニング剤を通じてから時時感触過敏に罹るようになりました。ステッカーを張った歯の根元という歯茎の境目の部分に一刻ズキーンという素晴らしい痛みが走る事があるのです。前兆も無く急きょ痛むのでビックリします。痛みを感じるのはステッカーを張ったその翌日が多く、それ以降は別に相談が無いのが救いですが。

ともあれ痛苦こそあったものの、歯を白くやるという実態から見ればこういうホワイトニング剤は私にとってはありがたい配達でした。歯の痛苦というネゴシエーションしながらこれからも着実で続けて行きたいと思います。ドグマチール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です